太陽光パネル価格

太陽光パネルの価格、値段について【ソーラーパネルの金額】
Line

太陽光パネルの1枚の価格、値段について

こんにちは西山です。

ここでは太陽光パネル1枚あたり、1kwあたりの単価について解説します。

2014年現在、メーカーが出している希望価格は大体こんな感じです。

・東芝SPR-250NE-WHT-J 250W 約19万
・パナソニックHIT233 233W 約15万
・三菱PV-MA2120J 212W 約14万
・シャープNU-200AB 200W 約10万
・京セラKJ200P-3CRCE 200W 約10万



これらは1枚の価格ですが一般的な一軒家の場合パネルは大体、10枚〜30枚でトータルで3kw〜5kwを設置するのが標準となります。

(例、1KW=1000Wなので、4KW設置したければ200Wのパネルを20枚と言うことです)


Line

1Kwあたりいくらになるのかを知る


太陽光パネルの場合、1Kw大体いくらかということを知って、何年で元が取れるのか?ということを調べるのですが、

イメージをつかんでいただくためにも、

・設置予定のメーカー名
・何Kw乗せる予定なのか?


を選んぶだけで、大体の総額と「1ヶ月最低これだけ発電したら元が取れる!」というツールを作ってみました。


3秒で答えが出るので試してみてください。

(メーカーごとに試してみると価格差がわかって面白いと思います)


ただ、まぁ実際のところは

これらはあくまでも概算ですし、実際は、施工会社、業者によって販売価格は大きく異なります。

 値切って太陽光パネルを安くするコツ


Line

トータルの価格で判断する


一般的に家庭用の太陽光発電で掛かる費用としては以下のものがあります。

・太陽光システムセット(パネル、モジュール、パワコン、モニター)
・工事費用
・諸費用(フォロー、メンテナンス代や地域の補助金申請手続きなど)


です。

これらをトータルで100万円!150万円!といった感じで売られているのが一般的です。


つまり、太陽光パネルの価格だけ見ても実際の価格はわからないということですね。


さらに言えば太陽光発電のシステム全体は安く書かれていても、実際の工事費を入れて計算したら高くなったり、補助金申請の手続き代が入ってなかったりと実際の施工業者によって大きく変わってきます。

(国の補助金は終わりましたが地域の補助金があります)
(一般的に業者が代行してくれるところが多いです)


そう考えてもあなたの家の場合は実際いくらぐらいの値段になるのか?

また複数の業者の合い見積もりをとることが重要になってきます。

 太陽光発電は元は取れるの?


Line

相見積もりを取ることで見えてくること


相見積もりを取ることで以下のようなものが見えてきます。

・設置トータルの価格、回収期間
・あなたの家に設置できるメーカー、太陽光パネル
・あなたの地域の補助金の金額


私の場合はこれらを2、3社見積もりをもらってからその紙を持って家を建てた工務店に電話して

「コレより安くできる?」

と聞きました。

やっぱり家を建てたところが一番信頼が置けると思ったので。

ただ、残念ながら金額に50万ぐらいの開きがあったので今回は一括見積もりで来た別のリフォーム会社に頼みました。


そんな感じで実際に見積もりを取ってみないとわからないことが沢山ありますので、一度無料見積もりをやってみてください。

太陽光パネルの場合は、設置してから10年近くの長いスパンを見なければならない買い物ですから、多少時間を割いてもちゃんとやっといた方が後々後悔しませんので。


ちなみに我が家では施工実績が日本一のこちらの無料見積もりのサイトを使って数社の見積もりを取りました。

※タイナビは国内、海外問わず10以上のメーカーのパネルの一括比較が可能です。



当サイト人気ページ一覧




Line

太陽光パネルの価格コラム

一般家庭に設置されている太陽光パネルは3〜5kwが一般的ですが、その設置にかかる費用、価格はおおよそ165万円〜275万円となっています。 太陽電池モジュールが1枚で約72,000円です。 設置枚数が多くなればそれだけ額も増えていきます。 太陽光パネルの設置には太陽電池モジュール以外にも様々な機材が必要となります。 パワーコンディショナが280,000円、発電モニターが50,000円、リモコンやケーブルなどは20,000円、設置架台が200,000円、太陽電池モジュール設置工事費が320,000円、電気配線工事費が70,000円といった感じです。 メーカーやデザインによっても価格に差が出てきます。 数年前まではこのモジュールの金額も70万円や100万円とかなり高額なものでした。 しかし、太陽光発電の需要が増え、補助金などの制度も導入されたため、価格はどんどん下がってきているのです。 できるだけ安く済ませたいのであれば、色々な業者に見積もりを出してもらい、話を聞くことが大切です。
ソーラーローンといって太陽光パネルのためのローンがあるのをご存知でしょうか。 太陽光パネルのシステムを設置するためには結構な費用がかかってしまいます。 太陽光パネルメーカーのシャープや京セラなどもソーラーローンがありますが、そのほかにも損保ジャパンやオリコもあります。 身近なところではイオン銀行やそのほかの地方銀行などでもソーラーローンを取り扱っているところがあります。 金融機関によってそれぞれ固定金利であったり、変動金利であったり、ローンを組むために何か条件が定められていたりもします。 しかし、ほとんどんのソーラーローンは金利が3%前後となっているため、他のローンに比べると低くて助かりますよね。 しかもソーラーローンは最長15年間の支払いが可能となっています。 太陽光パネルと同時にオール電化へのリフォームを行う場合もこのローン制度を利用することが出来ます。 気にはなっていたものの高い費用がかかるために太陽光パネルを設置できないという方もこのソーラーローンなら安心して組むことができます。 太陽光パネルで発電した電力を売り、ローンに当てるということも可能になります。


Line

我が家が見積もり時に使ったサイトはここ!

Line